『あの日、私はいじめの犯人にされた』第6話

いつもご覧頂きありがとうございます。

Instagramはこちら

前回は→

『あの日、私はいじめの犯人にされた』第5話

第1話は→

『あの日、私はいじめの犯人にされた』第1話

別の話もよろしければ→

『私の家に入らないで』第1話

 

別の話もよろしければ→

『困った住人』第1話

あの日、私はいじめの犯人にされた

※インスタから先読みで来てくれた方へのお願い。
インスタの投稿に「先読みしたよ」とコメントして頂けるのは
本当に本当に嬉しいのですが、内容(ネタバレ)に関するコメントはお控え下さい。
ご協力よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

第7話に続きます…。

『あの日、私はいじめの犯人にされた』第7話

先生はなんで手紙を読みなさいと言ったのか。
きっと私に罰を与えたかったんだと思います。

ところでここら辺から先生の顔を意識して描かないようにしているのですが
あの時のことを思い出そうとしても先生がどんな顔していたのか思い出せないんです。
その代わりに机の模様はよく覚えています。怖くてずっと下を向いていたので。




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ




同じカテゴリの記事