『あの日、私はいじめの犯人にされた』第15話

いつもご覧頂きありがとうございます。

Instagramはこちら

前回は→

『あの日、私はいじめの犯人にされた』第14話

第1話は→

『あの日、私はいじめの犯人にされた』第1話

別の話もよろしければ→

『私の家に入らないで』第1話

 

別の話もよろしければ→

『困った住人』第1話

あの日、私はいじめの犯人にされた

※インスタから先読みで来てくれた方へのお願い。
インスタの投稿に「先読みしたよ」とコメントして頂けるのは
本当に本当に嬉しいのですが、内容(ネタバレ)に関するコメントはお控え下さい。
ご協力よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

第16話に続きます…。

小6で夜中1人でバスって…って今のご時世で考えるとやばくない?って思ったけど
私の子供の時は(地域柄もあるかもしれませんが)割と普通というか
子供1人で家まで帰る子、1人で電車に乗って帰る子は結構いた。
もちろんお迎えの子もいましたし、私の親も出来る限り迎えには来てくれた。

ちょうどこの話の頃は小6になったってことも関係あるのかな?
親のお迎えがガクッと減った時期で
(家の方針が変わった理由は私は知らない…なんでだろ)
バス停は塾に近くて目視できるとこに先生が30分くらい立ってたし
家の前のバス停には母親が必ず待ってたから
完全に1人で帰宅ってわけでもなかったですが。
とはいえバスの中…危ないと言えば危ない気も…。

まだうちの息子は3歳で習い事なんて全く考えてないけど
もし遅くなるなら小6でも迎えには行きたいなぁ…とは思います。
(心配するDMが来そうなので私の意見をここで書いておきます)




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ




同じカテゴリの記事